和名センテンイロウミウシ
学名Hypselodoris decorata
分類裸鰓目/ドーリス亜目/ドーリス下目/イロウミウシ上科/イロウミウシ科/アオウミウシ属
命名者 (Risbec, 1928)
観察月2019(1月/2月/4月)
2020(3月/4月/5月/6月)
観察場所倉崎海岸/手広海岸/ピアテグリ/番屋/サンドパラダイス/ハナゴイ
観察メモシロウネイロウミウシとされていた種。
似た種にニヨリセンテンイロウミウシがいる。
わかりやすい特徴として、ニヨリセンテンイロウミウシは触角の色帯が2本、センテンイロウミウシは3本とされている。