ウミウシ 奄美大島 日本 鹿児島

ムラクモウミウシ Discodoris cebuensis Bergh, 1877

夜見るってだけで、なんだか気味が悪く感じてしまうのは僕だけでしょうか。

倉崎海岸でナイトダイビングをした際に観察したウミウシです。
ツヅレウミウシ属(Discodoris)は、日中に観察したことがないので、おそらく夜行性なのかなと。
夜観察できるウミウシは地味な色をしていることが多いような気がします。

餌の関係で地味なのか、それとも日中、表に出る必要がないから、他のウミウシのように派手な模様(それが警戒色だとしたらですが)をしなくてもいいのか。
ちなみに、学名がcebuensisとなっているので、セブが模式産地のようです。

食性もですし、模様1つをとっても、謎が多いウミウシの世界です。
時間帯を変えるだけで、違うウミウシと出会えるので、ウミウシ探しもなかなか奥が深いですね。

撮影日:2019年03月27日
場所:倉崎海岸
水深:5m
水温:21℃
体長:???mm
カメラ:Nikon Coolpix AW130
ライト:INON LE700-S

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA