ウミウシ 奄美大島 日本 鹿児島

ウサギモウミウシ Costasiella usagi Ichikawa, 1993

ウミウシ好きにはたまらないこのかわいさ。

写真は昨年2018年12月撮影のものです。
今本淳さんのHPを参考に、奄美でも観察できることと倉崎海岸のどこかにいるということだけがわかっていました。
このウミウシがホストにする、「コテングノハウチワ(Avrainvillea erecta )」を見つけるために北から南まで泳いで泳いで、やっと見つけた1匹。
他にもクサイロモウミウシを数匹観察できました。
3月現在も両方観察できていますが、ホストが枯れてきているような、新しい葉が生えて、他のモウミウシ系が住んでくれることに期待。
このウミウシは砂地を這う姿がウサギみたい(見た目は羊っぽい?)にピョコピョコしていて、なんともかわいらしいです。
大きさが小さいだけに、その姿は写真に撮って初めて魅力がわかるのですが。
ウミウシが大好きな人には、ついつい紹介してしまうかわいいウミウシです。
世界共通の名前である、学名にも”usagi”とついているのがなんともいえませんね。

場所:倉崎海岸、水深:5m、水温:23℃、体長:3~5mmくらい
カメラ:Nikon Coolpix AW130
ライト:INON LE700-S

関連記事