ウミウシ 奄美大島 日本 鹿児島

キンゴマイロウミウシ Ardeadoris tomsmithi (Bertsh & Gosliner, 1989)

ボートポイントでたまたま発見したっきり、次はいつ会えるんだろう?
と思っていたウミウシです。
ボートのポイントもビーチと繋がっているんだと思えば、ビーチポイントで出会えるのも納得。
「白子みたいだよね」とみんなが言うので、「キンゴマイロ」とは素敵な名前をもらったものです。

奄美大島での1つの目標として、「奄美大島北部海域における後鰓類相の調査報告」におけるウミウシを全て観察するぞ!と意気込んではいるものの、なかなか遠い。

もうすぐ奄美大島に移住して1年が経ちますが、現在約180種を観察できています。もっともっと頑張ってウミウシ探さねばですね。

場所:倉崎海岸、水深:16m、水温:21℃、体長:??mm
カメラ:Nikon Coolpix AW130
ライト:INON LE700-S

関連記事

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA