シモフリカメサンウミウシ Aldisa albatrossae Elwood, Valdes & Gosliner, 2000

昨年の写真を漁りつつ、なるべく違うウミウシの写真をご紹介。
和名の由来は、背中の模様が亀のようだ、とのこと。
学名は”albatrossae”となってます。 語尾に”ae”とついているので、アルバトロスさんへの献名かな?とも思うのですが、英語の”albatross”(アホウドリ)のような模様に見えなくもない。名前の由来って面白いです。
学名を勉強するために、最近はラテン語辞書も欲しくなってきました。

現段階で約190種は確認できているので、そうとうネタが溜まってるはずだったのですが、ガイド中は全くカメラを持たないので、写真ストックが休日分のみ。
「カメラ持って行きなよー」なんて言ってくれる方もいらっしゃるのですが、基本はガイドに集中したいので、休日のみにしてます。
もっとたくさんウミウシ見つけられれば、そんな余裕がでてくるかもしれませんね。

現在、HPのSpecies list(分類群)を絶賛更新中です。(公開はまだ先)
190種のウミウシたちのページを、分類ごとに、①日本語で作成→②英語で作成→③今までに観察した写真をアップロード、という流れを計画しているのですが、まだ①の段階です汗

1日5種~10種ほどの新しいページを作成しても1ヶ月近くかかると考えると、英語ページでその2倍、さらに観察した写真までとなると・・・

奄美大島のウミウシといえば、今本淳さん。
すごく調べやすいし、綺麗な写真を使用されていて、あんなHPが作れたら・・・と思いつつも、先はまだまだ遠くなりそうです。